グループウェア導入は工夫する事で効果を高めれる

グループウェアに限らず、道具と言うのは工夫次第で様々な効果を発揮する事が可能になります。

ある企業では、グループウェア内で利用するユーザーの名前をニックネームで利用されています。ニックネームと言うのは、自分自身で付ける名前であるため、そこに愛着心が湧きやすく、利用を行い易い環境を整えています。

この様な取り組みは、社内におけるコミュニケーションを高め易くなり、企業全体の質を高めて行く事にも繋がって行きます。



グループウェアの中には、GPS機能のある端末と共有できるサービスがあります。外出中の社員の居場所も把握する事が可能となり、打ち合わせや営業などで外出中の社員に対して、行動に対する司令を出し易くなります。

営業マンの中には、実際に営業を行わず、まんが喫茶などで時間を潰される方もいますが、この様な勤務態度に対する内容も把握し易くなり社員の質を高めて行く事も可能です。
人には、口頭で中々言えない事もメールなどであれば話易い人もいます。



特に新入社員においては、中々質問できず新入社員の質を損ねてしまう事もよくあります。

新入社員に対して、グループウェアを積極的に利用させる事によって質問を行なって答え易い環境作りが可能となり、新入社員の教育を行い易くなります。

グループウェアを導入する場合は、発信者と受信者の二つに分かれてしまう事があります。



これでは、ただ情報を伝えるだけの回覧板になってしまう可能性もあります。双方が能動的に情報をやり取りを行うツールとして考えて行く事によって、ツールの効果を最大限に高めて行く事が可能になります。