グループウェア導入のメリット

グループウェアとは複数人で使うソフトウェアで、メールやソフトウェア、ファイルなどが共有して利用できるソフトウェアのことです。

グループウェアを導入することでみんなが共有しておきたい資料や情報などを一括で管理して、使用する人が必要に応じて自分のデバイスで読み出しすることができるので、人に聞くことなく自分で情報を探し出せるので、業務の効率化につながるのではないかとの気体の声があります。

All About情報を集めました。

さらにこれをクラウドで管理することによって社内でサーバーの管理をする必要も無くなり、また拡張や縮小などの変更も容易なので一切利用者の手を煩わせることなく使用できる点も便利です。



具体的に業務上のどのような場面で役に立つかについてみていきたいと思います。

まずは外回りをしている社員のスケジュールチェックに利用することができます。

社員にどのようなスケジュールで仕事するのかを登録させておけば急な出先での用事にも対応できますし、また非効率的な仕事をしている場合にはチェックすることができます。


ほかには出先で必要になった資料を従来であれば社内の人間に送ってもらわなければいけなかったものが、グループウェアに登録しておけば必要に応じていつでも持ってくることができるので、荷物の量が減りますし肝心なときに必要な資料が無いといった事態も防げます。そしてグループウェアにはビデオ会議機能があるので、今まで対面会議を行っていた時間やコストの削減にも役に立ちます。