グループウェアの使い方を

グループウェアとは、企業における組織内のネットワークを利用した情報共有のツール、ソフトウェアなどのことを指します。オープンスペースに近い形であることもありますし、限定した人物のみがアクセスできる場合もあります。

スケジュール管理などに使うことが多く、様々な業務に活用できます。


例えば、会議室の利用状況や予約、誰が出張中であるのかなどの共有した方が良い情報が見られるようになります。

産経デジタルの情報をお知らせします。

インターネットを活用していることもあり、IDやパスワードなどによって、ログインできるようにします。


情報は特定の人物のみを対象にして公開することも可能であり、何もかもをオープンにするわけではないです。

クラウドシステムを利用した形の物も多く、初期投資額をかなり抑えられるので、人気があります。


ファイル共有システムなどもあります。

自分のデータファイルを公開フォルダに入れておくことやアップロードすれば、データの共有もできます。

広義で言えば、社内での電子メールもグループウェアの一つになります。

グループウェアの最大の目的は業務の効率化と収益性を高めることです。セキュリティと利便性は相反することになりますが、そのバランスをよく取って、導入すると良いです。


IT技術としては、導入の効果が高い物からやっていくのが当たり前です。

グループウェアがさらに話題になりそうです。

その一つがグループウェアです。



慣れるまで大変ですが、基幹システムにでもしない限りは、安定した効果が期待できます。